部落解放同盟の恫喝癖か?

皇紀2671年(平成23年)7月6日

 皆様もご承知の通り、松本龍防災・復興担当相(福岡1区)は3日午前、被災している岩手県の達増拓也知事(元民主党衆議院議員)と会談し、笑いながら「俺は九州の人間だから、東北の何市がどこの県とかわからん」と述べ、午後には宮城県の村井嘉浩知事(元陸上自衛官・自民党)に向かって「(知事が提出した地元漁協の了承が得られていない漁港集約計画について)県でコンセンサスをとれよ。そうしないと我々は何もしないぞ」などと発言し、5日に就任からわずか9日目で辞任しました。

 これに対し、最初のメディア報道では「被災県知事を叱咤激励」とする向きもありましたが、松本議員事務所に抗議の電話が殺到している事実などをふまえ、次第に擁護が難しいと(一部を除いて)判断し始めていたところです。

 まず大前提としておきたいのは、何事に於いても無条件に被災した自治体の言うなりになる必要はなく、だからこそ内閣総理大臣より復興担当(実は米軍占領下の日本国憲法で出来ることは何もないが)を任じられた国務大臣が各被災自治体の首長らと綿密な打ち合わせをしていかねばなりません。

 よって、松本担当相が「知恵を出したところは助ける」「県内総意を確認せよ」とことわったのは、基本的に間違っていないでしょう。ただ岩手県に「知恵を出さないところは助けない」、また宮城県に「我々は何もしないぞ」などと脅迫するのは極めて不適当です。

 村井知事が元陸上自衛官であると知ってか、自身が言い放った「長幼の序(この場合に当てはまるのか?)」を思い知らせようと、松本担当相はいちいち「〜しろ」「呼べ」「〜やれ」「いいか?」「分かった?」といった恫喝口調を繰り返しています。

 さらに驚くべきは、復興を先導していく当事者たる自らを「お客さん」とし、取材中の記者たちに向かって「今の最後の言葉(知事への脅迫)はオフレコです。みなさん、いいですか? 書いたらその社はもう終わりだから」などとさらに脅迫したことです。

 はっきり申し上げて、松本担当相の「お里」が知れました。ただそれだけのことなのかもしれません。彼はいわゆる「二世議員」どころか「三世議員」の大金持ちで、そもそも防災担当相としても何の役にも立っていませんでした。

 二世・三世の全員という意味ではありませんが、この手の人間ほど人の世の苦労を知りませんから、自分より上の者や強い立場の者(巨悪)に向かって闘いを挑むことは決してなく、下の者や弱い立場と認識した者に向かって精一杯威張り散らそうとします。官僚が最も軽蔑し、一方で扱いやすいと考える種類の「出来損ない大臣」と申してよいでしょう。

 もう一つ明解に言えることは、松本担当相のもう一つの「お里」と言うべき部落解放同盟の「恫喝癖」が出ただけとも言えます。残念ながら西日本各地で解同が脅迫事件を起こしていますが、彼らは利権の暴利を貪るために、もはやありもしない「差別」を敢えて継続させようとあの手この手を使ってきたのです。松本担当相は、そのような解同の元副委員長(養祖父の松本治一郎参議院議員は「部落解放の父」)であり、解同の影響力が及ばない東北地方でだからこそ、今回の失態は見事に曝されました。

 利権の暴利と言えば、まさか養祖父から引き継いだ中堅ゼネコン「松本組」(社長は担当相の実弟)を復興に一枚咬ませることが出来さえすれば、あとはどうでもよいというつもりで仕事をしていた(正確には、人を脅すだけで何もしなかった)のでしょうか。福岡空港が約67億円もの赤字を出している原因は、松本家がむしり取っている借地料にあるのです。

 松本担当相だけを辞任に追い込んで満足していてはいけません。元はと言えば解同票が欲しかったがために彼を任命しただけであろう菅直人首相ごと辞めていただかねばならないのです。

スポンサードリンク

あの2つの事件の続報

皇紀2671年(平成23年)7月5日

 皇后陛下は4日午前、御養蚕納の儀に御出ましになられましたが、頸椎症性神経根症の御痛みがひどくなられたとのことで、午後の楽部洋楽演奏会を前半のみで御帰りになりました。1日も早い御回復を祈念し、心より御見舞い申し上げます。

 また、墺洪二重帝国(オーストリア=ハンガリー帝国)最後の皇太子であり、独国選出の元欧州議会議員として「汎欧州」を目指したオットー・フォン・ハプスブルク=ロートリンゲン氏が4日、独国ベッキングのご自宅で亡くなられました。98歳でした。心よりお悔やみを申し上げます。

————————————

 5月30日記事に、菅直人首相の資金管理団体「草志会」が国旗引き下ろし事件を起こした「市民の党」と同根の「政権交代をめざす市民の会」に多額の寄付をしていたことを取り上げました。

 http://sankei.jp.msn.com/affairs/news/110702/crm1107020……
 ▲産經新聞:菅首相側献金 「信じられない」「姿勢に疑念」 拉致被害者家族が怒り

 この「市民の党」に、北朝鮮による日本人拉致事件容疑者の家族が所属していることが分かったというものです。

 そもそも「よど号」犯だった田宮高麿容疑者と拉致実行犯として国際指名手配されている森順子容疑者本人ならばともかく、彼らの長男までもを(思想の一致があるにせよ)問題視すること自体は長男の人権上問題がありますが、拉致事件の実行犯である辛光洙容疑者の釈放嘆願書に署名した過去もある菅首相自身の思考と行動が問われているのだということを忘れてもらっては困ります。

 菅首相は、在日韓国人系金融機関の元男性理事から献金を受けていた政治資金規正法違反の罪で既に東京地検に告発されており、もはや日本国内閣総理大臣の資格など一切ありません。有本嘉代子さんのおっしゃる通り、菅首相は今すぐ辞めて下さい。

 http://markethack.net/archives/51746396.html
 ▲Market Hack:ドミニク・ストロスカーン前IMF専務理事に「レイプ」された女性は売春婦だった NYポスト

 さて、もう一つは、5月16日記事で論じた国際通貨基金(IMF)のドミニク・ストロス=カーン専務理事(代表)の逮捕劇に関する疑わしさについて、やはりと思わせる報道が、次期専務理事が選出された今ごろになって米国紙に載ったというものです。

 狙われたのは、ストロス=カーン氏の「女性好き」と中川昭一元財務相の「お酒好き」でした。かくして「悪い奴ほどよく眠る」のです。そのような世の中では、超大国が巻き起こす不毛な戦争は決してなくなりません。

 ストロス=カーン氏や中川氏のことを悪者、或いは犯罪者と信じた方がいるならば、もう少し「報道を疑ってかかる」ことをおすすめします。むろん、この米国紙の報道も全てではないかもしれません……。

尖閣諸島に進路を取れ

皇紀2671年(平成23年)7月4日

 http://www.chugoku-np.co.jp/News/Sp201107030083.html
 ▲中国新聞:尖閣へ漁船約10隻が出港 沖縄・石垣の漁協所属

 沖縄県石垣市の八重山漁協所属の漁船約10隻が3日、同市尖閣諸島へ向けて出港しました。記事には「うち1隻は政治団体が所有」とありますが、これは恐らくケーブルテレビ局「日本文化チャンネル桜」所有の「第一桜丸」のことではないでしょうか。

 同市の仲間均市議会議員も、尖閣諸島を行政区に持つ市の議員として行政調査を実行しようと何度も試みてこられましたが、昨年12月の箕底用一議員との南小島上陸は、「尖閣防衛」を掲げた中山市政の誕生を象徴するかのように成功しました。

 平成9年5月、西村眞悟衆議院議員(当時)ほか2名とともに魚釣島に上陸されて以降は、海上保安庁(第11管区)の捜査が「尖閣防衛」の障害にもなってきましたが、一方で海保の活躍は、昨年9月に発生した中共漁船当て逃げ事件でもお分かりの通り、まさしく領海防衛の最前線にあります。

 あの事件が「中共人被疑者を釈放せよ、不起訴にせよ」という民主党政治家からの圧力に終わりかけている(強制起訴・執拗なまでの引き渡し要求の道がまだあり、決して終わってはいない)今、再度中共や台湾(から出港しているが中身は中共の対外破壊活動団体)の漁船がわが国領海内に侵入してきた時の対応想定に、那覇市の本部は頭を抱えているはずです。

 保安官たちは、民主党の仙谷由人官房長官(当時)らによって「中共漁船に体当たりされ、仮に撃たれたり刺されたりしても騒がず死になさい」と言われたに等しく、衝突時記録映像の一部が一色正春元保安官によってその後公開されたことで、一層その厳しい現実に打ちのめされているに違いありません。

 これこそ、まさしく「本土が沖縄を見捨てた」事案なのです。尖閣諸島の所有者が「政府も政治家も信用出来ないから自分で守り抜く」との姿勢を崩しておられないのもそのためであり、在日米軍(進駐軍)基地問題で綺麗事を並べる政治家や政治活動家らこそが沖縄県を犠牲にしています。

 雇用や貧困の問題を言うにしても沖縄県の漁民が感じている「対中恐怖」には蓋をし、原子力発電所の全廃を訴えるわりには沖縄県近海の海底資源採掘による火力発電の拡充で安定した電力供給(経済の安定)が実現することには目を向けようともしません。

 また、日本国憲法(占領憲法)下の進駐軍を必要としない国防を私たちが論じることもなく、ひたすら在日米軍に向かって「出て行け」と騒いでも、彼らは決して聞く耳など持たないでしょう。

 もし、今回の漁民やテレビ局が尖閣諸島に進路を取ったことで中共の漁業監視船「漁政201」が飛び出してきた事実をもって、わが国側の動きをこそ批判するような人があなたの周りにいるならば、それは私たちの暮らしの安寧を妨害・破壊する危険思想の持ち主か、それに騙されている無垢な方です。後者なら是非正して差し上げて下さい。

 真正保守政策研究所:「領土と憲法」大阪決起集会の動画配信
 平成21年12月1日 仲間均石垣市議会議員・南出喜久治辯護士・遠藤健太郎代表
 真正保守政策研究所:新しい資源エネルギー政策を提言します

米「皮蛋は気色悪い」の裏

皇紀2671年(平成23年)7月3日

 http://www.recordchina.co.jp/group.php?groupid=5……
 ▲レコードチャイナ:「最も気色悪い食べ物」にピータン—米CNN

 私は、家鴨の卵を熟成させた皮蛋を前菜としていただくのが非常に好きです。嫌いだという方もおられるでしょう。いわば、その程度のことを米国のCNNが「世界で最も気色悪い食べ物」などと格付けして発表したわけです。

 いわゆる「反日」に立ち向かわんとするあまり、現在の中共国内や、朝鮮半島の食文化までもを徹底的に否定する右派・保守派をお見かけしますが、私たちの感覚として「食べられない」と思うものは食べなければよいだけでしょう。

 米国人が韓国の犬肉食や柬国(カンボジア)の串揚げ蜘蛛を「気色悪い」と語る程度の感覚で、今わが国の海豚・鯨肉食が一方的に非難され、国際機関の枠内調査すら妨害されているということを決して忘れてはなりません。

 本当は、皮蛋や犬肉以上に「気色悪い」であろう食べ物が彼らにはあるでしょう。北欧の伝統食の中には、皮蛋どころの騒ぎではないほど見た目も匂いも味も「きつい」ものがありますし、阿大陸の各国・各部族の食文化など、実は調査すらしていないはずです。

 すなわち、やはり一方的に亜州の食文化が非難の対象にされただけであり、それは米国内に於ける中共の存在がいよいよ大きくなってきたことの証左と申して過言ではありません。

 あたかも「G2」とまで言われる米中関係は、資本主義経済の連携と同時に互いを牽制するものであり、適当な「ガス抜き」はメディア報道の得意とするところです。今回の格付けはそのほんの序章のようなもので、例えば「中共はパクリ国家」といった報道もこれと似た程度のものに他なりません。

 そのようにして非難しながら米国は中共を利用し、時に米国に怒ってみせる中共も米国を大いに利用しています。この手の報道に触れ、仮にもわが民族が単純に同調して「支那や朝鮮の食い物は気色悪い」などと喜んでいると、まるっきり莫迦を見るのです。

 むしろ「米国人ほど味覚が破綻しているような連中に勝手な格付けをされるいわれは亜州のどの国にもない」と私たちは米CNNを叱りつけてよいと思います。わが国の伝統文化を守るというのは、そういうことではないでしょうか。

韓流も組合も「偽装」運動

皇紀2671年(平成23年)7月2日

 http://www.cyzo.com/2011/06/post_7758.html
 ▲日刊サイゾー:「ファン800人が羽田で歓迎」のチャン・グンソク 実際は「謝礼2,000円」の応募者が100人……

 http://japanese.joins.com/article/387/141387.html?serv……
 ▲中央日報(韓国):「グンちゃんの出迎えファンはバイト?!」日本マスコミ報道に衝撃

 あくまでわが国の一部報道に過ぎないものを、韓国の大手新聞社がこのように取り上げてしまうのもいかがなものかと思いますが、確かに「謝礼2000円」の文字が踊る物的証拠と参加者の証言を突きつけられて、いわゆる「韓流」なるものが「創られたもの」であることは分かりました。

 今回『美男(イケメン)ですね』などのチャン・グンソクさんだけでなく、以前にも『夏の香り』などのソン・スンホンさんらの来日時にも同種の動員疑惑は指摘されていましたが、例えば米国のレディー・ガガさんらの来日時には決してされないことを、韓国人俳優または歌手に対してしなければならない理由は何でしょうか。

 答えは「実は日本で人気なんかないから」と言ってしまえばそれまででしょうが、仮にも泰国から歌手のアイス・サランユーさんらが来日しても、わが国での認知度は英米らの歌手に比べてそれほど高くないでしょうが、無理矢理報酬まで提示して動員がなされたなどという話を(日泰友好の各種団体や音楽CD店が来日情報を提供しているのは見たことがありますが)私は聞いたことがありません。

 つまり、歌手グループのKARAや少女時代らの宣伝戦略も含め、どんな手を使ってでも「韓流」だけは演出しなければならないとする組織、或いは企業(メディア各社を含む)の思惑が厳然と存在しているということです。

 私はこれらの流行と称されるものが捏造される遥か以前から、韓国映画やテレビドラマを鑑賞していました。かつての韓国映画は撮影や録音、編集の技術が著しく劣っていましたが、特に平成11年製作の『シュリ』(本作も編集はおかしいが)や翌年製作の『猟奇的な彼女』以降、日本映画に学んだ次世代映画人が活躍し始めて少しずつ変わりました。

 同時期にわが国でも放送されていたテレビドラマ『秋の童話』や、まるで日本の「昼ドラ」のような『イヴのすべて』、子役たちの演技が見事だった『美しい彼女』などは、私が当時物珍しさもあって毎週楽しみに観ていたものです。

 しかし、これはあくまで私の見解として、韓国のテレビ局や製作会社が、一体該当する時代はいつなのか分からないような時代劇の製作に血道をあげ始めたことといい、わが国の前述のような仕込みといい、あまりにも質が悪くなりすぎて、かえって私たちの反感を買っているとも言えるのではないでしょうか。

 労働組合が主催する左翼運動でも、やはり報酬が提示されて動員されるという実態を、私はかつて参加経験者から聞きましたが、そのようにしなければもたない運動ならやめればよいのです。そうしてでもやろうとするところに悪意があり、そもそもカネが動いていることに邪気を感じます。

 わが国に邪気が渦巻き、日韓友好(私たちは韓国および韓国人に何をされても文句を言わない)を演出して日韓対立(歴史や領土問題)でメシを喰らう者たちの政治運動を後方支援しようとする悪意がまかり通るのなら、私はもう二度と韓国の映画やテレビドラマは見ません。