ザ・コーヴ?愚直な評論

皇紀2670年(平成22年)7月7日

 平成7年製作・8年日本公開の米国映画に『ベイブ』(豪州のクリス・ヌーナン監督作品)という大ヒット作があったことを、皆様はご記憶でしょうか。優秀な牧羊犬を飼育している或る農場にもらわれた子豚のベイブが、なんと牧羊犬ならぬ牧羊豚になって大活躍するという作品です。

 先日ご紹介した『トータル・フィアーズ』では米国大統領に扮しているジェームズ・クロムウェルが、実に朴訥とした牧場主を演じて見事でした。彼自身、熱心な動物愛護運動家で、かつて米ハンバーガーチェーン「ウェンディーズ」に対する抗議行動によって逮捕された経歴さえあるほどです。

 私の周囲には、本作を鑑賞したのちに豚肉が食べられなくなったという人がおり、改めて映画の持つ力を感じましたが、このような娯楽作品でさえ一種のプロパガンダとなりうる(かつての戦意高揚映画は娯楽作品の形態をとった)ことから、ドキュメンタリーと称する「製作者の主観による映画」の持つ力は計り知れないものがありましょう。

 その典型例がマイケル・ムーア監督による「自称」ドキュメンタリー映画たちです。その趣向はルイ・シホヨス監督の『ザ・コーヴ』へと受け継がれており、近年のプロパガンダ映画の作り方そのものではないか、と私は疑っています。

 勝手な撮影を敢行された側の和歌山県東牟婁郡太地町の方々は、ほぼ口を揃えて「映画の製作過程に悪意を感じる」と指摘していますが、出演者である活動家のリック・オバリー氏を招いた和歌山大学では、その上映・講演会終了後、イルカ漁に反対する学生が4倍にも増えたそうです。

 http://www.wbs.co.jp/news.html?p=15395

 ▲WBS和歌山放送ニュース:和大生「ザ・コーヴ」見た後、イルカ漁反対が4倍に

 これをもって、和歌山大学の学生たちを莫迦にしてはいけません。前述のように、よくできたドキュメンタリー映画を装ったプロパガンダ映画を見て、影響されない信念をもともと持っている人などそうはいないでしょう。彼らの反応こそが、すべてを物語っています。

 仮にも私が、例えば靖國神社に関する「自称」ドキュメンタリー映画を製作すれば、必ず反日本派のお歴々から「悪質な戦意高揚映画だ」と批判されるでしょう。ですから、私は『日本書記』編纂の精神に習い、様々な見解を並列的に描こうと思います。これが本当のドキュメンタリー映画ではないでしょうか。

 さらにもう一つ、映画評論家の一宮千桃さんによる感想文を拝読する限り、反イルカ漁と「業」を語る宗教的側面の一致さえ見て取れます。愚直なまでに視覚に訴えられたものを肯定しようと必死です。

 http://www.fe-mail.co.jp/trend/entertainmentflash/20100702.cfm

 ▲Fe-MAIL:一宮千桃のエンターテインメントフラッシュ

 自らも懸命に反イルカ漁に染まろうと、牛肉を食べることとの違いがないと指摘した他の鑑賞者を批判していますが、「論点がずれてない?」と書いて本人が最も論点をずらしています。「イルカは人間より賢くて不思議な力を持つ生き物」という記述も、生と食の関係に於いて重要な漁の主題から懸命に論点をずらしているのです。

 製作者もそのようなことをしているのでしょうが、鑑賞した者にまで同じ作業をさせる力を本作は持っており、上映中止騒動がかえって宣伝になる心外はさておき、もはやドキュメンタリーについて「事実をありのまま描く」という意味に捉えること自体を私たちがやめるべきではないでしょうか。

※複数の読者の方々より、やはり「政治ブログランキング」への登録を残しておいて欲しいとのご要望を賜り、5月22日より「映画ブログランキング」との2カテゴリー登録に直しました。皆様にクリックしていただくその一票は分散されますが、今までより一層のご支持を賜われるよう努めてまいります。

自前の憲法が暮らしをよくする!

スポンサードリンク

【動画】候補者を除名

皇紀2670年(平成22年)7月6日

 本日は、まずこちらの動画をご覧下さい。

 ▲たちあがれ日本チャンネル:足高慶宣候補の除名について 代表・平沼赳夫/たちあがれ日本

 たちあがれ日本は3日、社会福祉法人「日本置き薬協会」前常任理事長の足高慶宣参議院議員比例代表候補を除名とし、比例代表名簿から削除しました。理由は、平沼赳夫代表が明確に説明されている通り、足高氏が沖縄県石垣市尖閣諸島への上陸を党に何の説明もなく試み、3日夕方に西表島へ渡航したものの、まったく本人と連絡が取れないためです。

 この件について、私に見解を求めるお声をいくつか頂戴しましたので、まずそのような立場にはありませんが、一応援者として私なりの考えを表明しておきたいと思います。

 足高氏が行動を起こしたのは、まさに私たちが「『日本よ、立ち上がれ』決起集会」を神戸市にて開催しているころでした。昨年12月には、仲間均石垣市議会議員をお招きし、南出喜久治辯護士とともに「『領土と憲法』決起集会」を開催しましたが、ここで平沼代表が説明されている事情、尖閣諸島の現実がすべて明らかになっています。

 http://www.shinhoshu.com/2009/12/post-119.html

 ▲真・保守市民の会:「領土と憲法」大阪決起集会のご報告

 私は足高氏を存じ上げないので、ご本人がどのような想いで尖閣諸島を目指されたのかは分かりませんが、第1に選挙期間中であることを忘れてはなりません。比例代表候補者は、今まさに全国各地を走り回って自らの主張や党の公約を私たちに説明しています。その作業をおろそかにしたことは、国民への説明を軽視したというそしりを免れません。

 第2に、党の公認候補者でありながら、かくも重大な行動を党に何の連絡もせず、何の説明もしないまましたということです。平沼代表も述べておられるように、「尖閣諸島の領有権は日本にある」という党の(というより日本の)基本理念はいささかも変わっていませんから、やはりここが一番の問題だったのかもしれません。

 仲間議員のように、是非とも当選し、私たちの想いを受けた議員として行動を起こして欲しかったものです。日本の政治家による行動であるからこそ外交的な意味を持ち、ゆえに西村眞悟衆議院議員(当時)と仲間議員の魚釣島上陸は、中共への圧力となりました。

 足高氏の信念は決して誰にも否定されるものではないと思いますが、たちあがれ日本の候補者全員で頑張っている選挙期間中に極めて個人主義的な行動をとるのは、身体を張って争点を提言されたとも言えますが、領土保守を掲げて「反保守」を示しているようなものです。今後、氏にはまた別の機会に立ち上がっていただきたいと思います。

※複数の読者の方々より、やはり「政治ブログランキング」への登録を残しておいて欲しいとのご要望を賜り、5月22日より「映画ブログランキング」との2カテゴリー登録に直しました。皆様にクリックしていただくその一票は分散されますが、今までより一層のご支持を賜われるよう努めてまいります。

自前の憲法が暮らしをよくする!

民主党のステルス型政治

皇紀2670年(平成22年)7月5日

 皆様は「ステルス戦闘機」なるものがあることをご存知だと思いますが、これは早い話が敵のレーダーに探知されないよう開発された戦闘機です。平成17年には『ステルス』(『ワイルド・スピード』などのロブ・コーエン監督作品)という映画が米国で製作・公開されています。本作は、人工知能を有したステルス無人戦闘機と3人のパイロットが繰り広げるハチャメチャな物語でした。

 この3人(『ポセイドン』などのジョシュ・ルーカスら)と1機は、テロ対策という名のもと、他国に無警告のままステルス性を発揮し、テロリストの潜伏しているビルを丸ごと爆破して帰ってくるのです。いわゆる典型的な米国万歳の莫迦映画と言えましょう。

 あくまでステルス性そのものは「敵との闘い」に於いて開発されてきたもので、古くは日本の忍者が忍び足を鍛えたのも一種のステルス作戦です。決して味方・仲間に対して行うものではないでしょう。

 ところが、民主党は永住外国人地方参政権付与法案、選択的夫婦別姓を可能にする民法改正案、人権侵害救済機関設置法案(旧人権擁護法案)の3法案を、11日投開票の参議院議員選挙マニフェストに掲載せず、争点にもさせないまま着々と実現への準備を進めています。

 http://sankei.jp.msn.com/politics/policy/100703/plc1007030015000-n1.htm

 ▲産經新聞:【日本解体3法案】 ステルス作戦で準備着々

 民主党にとって、私たち日本臣民は敵ですか? 菅直人首相や千葉景子法相らは、自治労や日教組、部落解放同盟や韓国民団だけを味方・仲間と認識し、それ以外の日本民族のほとんどを敵と認識しているからこそ、かくも卑劣なことができるのでしょうか。これでは民主万歳の莫迦政治です。

 この件について私は3日、神戸市で開催した「『日本よ、立ち上がれ!』決起集会」でも指摘しましたが、特に地方議会の半数以上が反対の意見書を可決させている外国人地方参政権の議論はほぼ永田町でし尽くされており、危険水域に達していると思われます。

 選挙が終わった途端、民主党がステルス作戦を開始するならば、私たちは地方議員諸氏とともに何としても阻むべく声を上げねばなりません

 何度でも申しますが、これは外国人を排除・排外するためではなく、或る意図を持った外国人組織、とりわけ例えば中共の体制に反する人々が特定の地方に大量移民し、参政権を得て、中共非難の意見書を次々と可決させた場合、必ず外交問題と化すのに対し、占領憲法下の政府はそれにまったく対処できないで日中間を対立させ、気づけば戦争にさえ発展するのを防ぐためでもあるのです。

 これを「考えすぎだ」と言うならば、あまりにも想像力が欠落しています。現状でも国内のフリー・チベット運動や法輪功救済運動などから見て十分にありえる話であり、解釈改憲で乗り切ってきた出鱈目な日本政治では、占領憲法第9条違反の自衛隊を結局動かすことまではできず、私たちが「平和の維持」を願うなら、人民解放軍に武力侵略されることも想定して国防を強化しておかねばなりません。家族の暮らしを守るためにドアや窓の鍵をかけるのと同じです。

 拝金主義的意味ではない日本の利益を外国人にまで守らせようというのが地方参政権であり、そのようなことを強制しないというならば(民主党はもう言っているのに等しいが)、国益を地方から捨てていくような法案を準備しているのが民主党であり、だからこそステルス作戦なのでしょう。

「日本よ、立ち上がれ!」決起集会 動画配信中

 http://www.youtube.com/watch?v=S3LwlxB6LbQ

 ▲「日本よ、立ち上がれ!」遠藤代表1 (約6分)

 http://www.youtube.com/watch?v=_nFG-Pk4mX8

 ▲「日本よ、立ち上がれ!」遠藤代表2 (約8分)

 ◎石原修三前兵庫県議会議員、北山順一神戸市議会議員、白國高太郎神戸市議会議員が登壇された模様も配信予定です。しばらくお待ち下さい。なお、たちあがれ日本三木圭恵候補のご発言につきましては、インターネットによる選挙活動が認められていないため、選挙期間中は配信できません。ご了承下さい。

※複数の読者の方々より、やはり「政治ブログランキング」への登録を残しておいて欲しいとのご要望を賜り、5月22日より「映画ブログランキング」との2カテゴリー登録に直しました。皆様にクリックしていただくその一票は分散されますが、今までより一層のご支持を賜われるよう努めてまいります。

自前の憲法が暮らしをよくする!

イベントのお知らせ

皇紀2670年(平成22年)7月3日

 第22回参議院議員通常選挙の投開票日を7月11日に控え、「よく分からないなぁ」とお思いの方、是非一度、私たちの話を聞いて下さい。

「日本よ、立ち上がれ!」決起集会

 と き 平成22年7月3日・土曜日

     午後13時30分より16時まで

 ところ 神戸市「生田文化会館」1階第2会議室

     JR・阪神「元町」駅下車 西改札口より徒歩10分

 地 図 http://www.kobe-bunka.jp/facilities/ikuta/map.html

 登壇者 遠藤健太郎(真・保守市民の会代表)

     三木けえ(参議院議員比例代表候補)※通信にて参加

     石原修三(兵庫県議会議員)

     北山順一(神戸市議会議員)ほか

     ◎予定の変更につきましては、何卒ご了承下さいませ。

 参加費 無料

 主 催 真・保守市民の会

【頑張れ日本!全国行動委員会】関西本部設立大会

 と き 平成22年7月4日(日)午後18時?20時(開場17時30分)

 ところ  大阪会館 Aホール(北御堂下)

 地下鉄御堂筋線・中央線 本町駅 2番出口徒歩1分

 地 図 http://www.o-kaikan.com/info/access.html

 会 費 1,000円

 ◎登壇者  

 頑張れ日本!全国行動委員会代表 田母神俊雄 前航空幕僚長

 頑張れ日本!全国行動委員会幹事長 水島聡 チャンネル桜代表

 関西本部代表・・・・・・・・西村真悟 前衆議院議員

 大阪支部代表・・・・・・・・三宅博 前八尾市議会議員

 [後援] 「日本文化チャンネル桜」二千人委員会 草莽地方議員の会 真悟の会・堺 

 日本再生同志の会 河内国民文化研究会 日本と台湾の未来を考える会 

 http://www.shinhoshu.com/2010/06/post-144.html

 ▲真・保守市民の会:「日本よ、立ち上がれ!」決起集会のお知らせ

※複数の読者の方々より、やはり「政治ブログランキング」への登録を残しておいて欲しいとのご要望を賜り、5月22日より「映画ブログランキング」との2カテゴリー登録に直しました。皆様にクリックしていただくその一票は分散されますが、今までより一層のご支持を賜われるよう努めてまいります。

自前の憲法が暮らしをよくする!

空港と基地の要?不要?

皇紀2670年(平成22年)7月2日

 MGMのミュージカルスターと言っても、もうあまりご存じない方のほうが多いかもしれませんが、ジュディ・ガーランド主演で昭和29年にワーナー・ブラザーズが製作した米国映画『スタア誕生』は、のちの『マイ・フェア・レディ』などで知られるジョージ・キューカー監督が、昭和12年製作・13年日本公開版の再映画化に挑んだ名作です。ひょっとすると、皆様には昭和51年に製作されたバーブラ・ストライサンド主演版『スター誕生』のほうが知られているかもしれません。

 本作は、大スターのジョン(ジェームズ・メイスン/クリス・クリストファーソン)が、場末のクラブ歌手だったエスター(ジュディ/バーブラ)と結婚し、彼女が大スターになっていった途端、そのことを誰よりも望んでいたはずだったにもかかわらず、自殺してしまうというものでした。その原因としては、男のプライドが傷ついたということもあったでしょう。

 しかし、或る種の望ましい環境を手に入れる目的が達成されると同時に、まるで逆の結果をもたらすということは稀にあります。例えば、平成2年製作・3年日本公開の米国映画『ホーム・アローン』の主演で一躍子役界の大スターになったマコーレー・カルキンが、そののち両親の別離によって彼の稼ぎをめぐる裁判沙汰にまでなったのは典型的です。

 事実婚状態だったことはさておき、彼の両親は彼が大スターになることを夢見て、家族の幸福を思い描いていたでしょう。ところが、目的が達成されると一家離散という結果が待っていました。

 このような「目的」と「結果」の関係では、大阪(伊丹)空港問題にも同じことが当てはまるでしょう。かつて騒音問題を提起し、空港反対運動を大写しにしていたはずの周辺自治体が、今や空港の存続と離発着数の増加を政府に要望しています。

 http://www.yomiuri.co.jp/national/news/20100630-OYT1T00551.htm

 ▲讀賣新聞:伊丹空港周辺11市、発着回数増を国に要望へ

 あの「静かな暮らしを返せ」と叫んでいた反対運動は、一体どこへいったのでしょうか? 扇動していた左翼団体はどこへ? 関西国際空港ができ、望んでいたはずの伊丹空港廃止の方針が決まりつつあるという目的の達成を目前にして、もう結果が逆に転じています。空港廃止で経済効果が逃げていく現実から、今度は貧困問題などと叫ぶのでしょうか。

 このことと沖縄県の在日米軍普天間飛行場移設問題も大して違いはありません。いわゆる反戦地主が「他国の軍隊に土地は提供しない。自衛隊なら提供する」と言うならまだしも、彼らは国家安全保障と経済効果を一切無視して基地反対運動をしていますから、いざ本当に政府が目的を達成させると、恐らくまったく逆の結果を求め始めるでしょう。

 究極を申せば、改憲運動も同じなのです。占領憲法の改正を待ち望んできたはずの方々が、いざ民主党への政権交代で「改憲反対」を言い始めています。なぜなら、鳩山由紀夫前首相や小沢一郎前幹事長の改憲案には当然賛成しないからでしょうが、空港や基地に対する左翼の反対運動と同様、国家の基軸が何であるかという大前提もなく政治運動をしてきたからに他なりません。

 国家に対してでも、家族に対してでも、その基軸がブレているからこそ、目的と結果の関係が逆転し、人間は非常に苦しくなります。自前の憲法を復原すること(家族や友人との相和を説いた教育勅語もこれで復原される)でしか、そのような苦しみから逃れられる手段はありません。そう、大日本帝國憲法の復原は、真正護憲論実践の目的ではなく手段なのです。そのことに早く気づかない限り、私たちはいつまでもこのような政治運動に振り回され続けるでしょう。

 世界でも上位と言われる施設充実度(日本の空港では唯一)を誇る関西国際空港を生かすも殺すも、わが国の航空運輸をどう設計するかにかかっています。在日米軍を撤退させて仮にも沖縄県が他国の侵略を受け、死者が多数でたとき、政府は県民に何と説明するのですか? 地政学の見地からも沖縄県を守るならば、機動できる国軍を起く必要がありますが、それが占領米軍の置き土産(日本国憲法)の改正によるとは、何かの悪い冗談でしかありません。

「日本よ、立ち上がれ!」決起集会

と き 平成22年7月3日・土曜日

    午後13時30分より16時まで

ところ 神戸市「生田文化会館」1階第2会議室

    JR・阪神「元町」駅下車 西改札口より徒歩10分 地図

講 演 遠藤健太郎(真・保守市民の会代表)

    ほか 旧平沼グループ・たちあがれ日本 関係者 登壇予定

参加費 無料

主 催 真・保守市民の会

詳細は公式サイトをご覧下さい。

※複数の読者の方々より、やはり「政治ブログランキング」への登録を残しておいて欲しいとのご要望を賜り、5月22日より「映画ブログランキング」との2カテゴリー登録に直しました。皆様にクリックしていただくその一票は分散されますが、今までより一層のご支持を賜われるよう努めてまいります。

自前の憲法が暮らしをよくする!