泥棒根性バレた韓国弁護士

皇紀2678年(平成30年)12月5日

 東日本旅客鉄道の山手線新駅の名称が「高輪ゲートウェイ」だと? 臨海高速鉄道かゆりかもめの駅じゃあるまいし。莫迦と違うか。公募で最も多かったのは「高輪」なのに、小林亜星さん最大の汚点である「E電」以来のセンスのなさを露呈した。

 ……というのが「意見」です。個人の、いわば勝手な意見。しかし「祭祀は宗教ではない」は私の意見ではない。「祭祀」の意味であり説明。「1+1=2」は意見か? 違うだろうが。それを「祭祀が宗教でもよいと思う」とは何ごとか。「1+1=3でも4でも5でもよいと思う」といいだしたら、電車も走らないし家も建たない。何度も何度も調子に乗るな! いい加減にしろ! 

 従前この種の書き込みにも耐えてきたが、もう黙っていないからな。阿呆は斬り捨てる。スパム指定したから二度と書き込むな。「祭祀が宗教でもよいと思う」……何度読んでもイライラするわ。何も分かってない。

 ……という暴言をつい吐いてしまい、ほかの皆さんに申し訳ございません。これまで目にしたことがないレヴェルの酷い書き込みだったものですから。秋篠宮文仁親王殿下の「或る意味」という御言葉がポイントだということに気づいていない方も多いですね。

新日鉄住金の韓国内資産「差し押さえ手続きも」

 韓国大法院(最高裁)が新日鉄住金に韓国人の元徴用工への賠償を命じた10月30日の判決を巡り、原告側の弁護士は4日、東京都内で記者会見し、24日午後5時までに新日鉄住金が協議に応じるかどうかを回答しない場合、韓国国内にある新日鉄住金の資産を差し押さえる手続きを始める考えを示した。

(YOMIURI ONLINE(読売新聞))

 さて、この莫迦弁護士。差し押さえの対象に「新日鐵住金が韓国で保有する約三千件の知的財産権」というところで汚い泥棒根性がバレました。これが欲しいのか、手癖の悪い連中め。

 わが国政府の示した対抗措置に文句をいいつつ、韓国政府はそれでも想定通りに事を進めています。もう一度申しますが韓国政府は、わが国政府が強烈に怒り出したことを「想定外」だとは思っていません。知っていてやっているのであり、北朝鮮と連携する文在寅(北朝鮮工作員)政権である限り、わが国を怒らせること自体が目的なのです。

 で、想定通り文政権は検察に対し、大法院の朴炳大前判事の逮捕状をソウル中央地方裁判所に請求させました。朴前判事は、朴槿恵前大統領と連携して日韓関係の修復を目的に韓国人労働者(俗称=徴用工)に関する「国際法違反の気違いじみた判決」を出さないようにした人です。そして、それこそが今回の逮捕理由です。

 さずかにこれほどの暴挙は、韓国憲政史上初のことであり、そうまでして文政権が赤化政策(全韓半島を金正恩の支配下に置くこと)を推し進めていることを、私たち日本人は知っておかねばなりません。その上で一連の対日ヘイトスピーチ(反日)をチェックしてください。

スポンサードリンク

『泥棒根性バレた韓国弁護士』に1件のコメント

  1. 心配性@我は蛮夷なり:

    「高輪ゲートウェイ」もお年寄りには覚えにくい駅名でしょうが、歴史ある地名を「ひらがな」にしてしまう風潮は何とかならないものかと思います。
    本来の、由緒ある漢字の地名に戻すべきだと思います。

    話は変わりますが・・
    例えば、東京23区の「人手不足」を解消しない事には、東京圏や広域関東圏(要するに近場)の若者たちの東京周辺への移住は続くと思うのです。
    (私の親戚の若者たちも、比較的東京に近い自治体から都内に移住したきり、戻る気配がないようです。)

    しかし、その点について政治家や政党関係者に対して指摘すると、「じゃぁ、東京や首都圏に関しては、早急に『外国人労働者』を増やしましょう!」といわんばかりの「短絡的な反応」しか返ってこないことに違和感を覚え始めています。

コメントをどうぞ