関西生コン支部幹部ら逮捕

皇紀2678年(平成30年)8月10日

中国当局、実写版「くまのプーさん」映画の公開認めず

くまのプーさんは、習近平国家主席と見た目が似ているとの指摘以降、中国で政治的抵抗の象徴となっている。

(BBCニュース)

 昨日記事で沖縄県の脅威として名指しした中共では、もはや「くまのプーさん」もまともに見させてもらえませんし、為政者を揶揄・批判することもできないのです。安倍晋三首相の肖像をいじくりまわし、呼び捨てにして「人間ではない」だの「死ね」だのと罵声を浴びせ続けている対日ヘイトスピーチ(反日)活動家たちは、わが国にいてよかったですね。中共で同じことをすれば即逮捕、のちに思想改造か抵抗すれば闇で処刑でしょう。

生コン組合幹部ら4人を逮捕 ゼネコンを恐喝未遂で滋賀県警

準大手ゼネコンが滋賀県東近江市内で進めていた倉庫建設工事をめぐり、湖東生コン協同組合(同市)の幹部らが同組合の加盟業者と契約を結ぶよう脅したとして、滋賀県警組織…

(産経WEST)

関西生コン支部幹部ら新たに3人逮捕 商社支店長恐喝未遂事件で

滋賀県警は9日、県内の工場建設工事を巡って湖東生コン協同組合(同県東近江市)の加盟業者と契約をするように商社の支店長を脅したとして、恐喝未遂の疑いで全日本建設運…

(産経WEST)

 立憲民主党や社会民主党ら所属議員との関係が深い極左暴力集団の一つである連帯ユニオン関西地区生コン支部(大阪市西区)系の湖東生コン協同組合(滋賀県東近江市)に、同県警察の家宅捜索が入ったのが先月十八日午前であり、この時すでに幹部ら四人が恐喝未遂容疑で逮捕され、昨日は新たに別の三人が同容疑で逮捕されました。

 産經新聞社もこれは報じるのに、なぜ未だただの一度も三月十三日に大阪府警察と奈良県警察が機動隊を連れて生コン支部本体へ斬り込んだことを報じないのでしょうか。

 日本の心を学ぶ会さん主催の勉強会(主に東京都文京区内で開催)で講師をさせていただく度に大変お世話になっている同会の渡邊昇代表による現場からの「熱すぎる」報告にもある通り、少なくとも産經も関西テレビ放送も知っているのに全く報じません。

 果敢に現場調査と告発活動を続ける渡邊氏らに対し、大阪府警も「あそこ(生コン支部)は危ないから近づかないで」といってくれたそうで……。そういえば私に会っても絶対に誰もこれに触れず、私もついぞほかの件で話し込んでしまうために確認し忘れていました。どうしてこんなことになっているのでしょうか。

 しかしながら、いずれ「ドカーン」と大事件化するものと思われます。それまではいわゆる「極左政治家案件」に関わりますし、彼らの姑息な手を封じるためにも中途半端な周知をしないことになっているのかもしれません。

 とはいえ日本教職員組合(日教組)といい極左ですらない単なる対日ヘイトスピーチ(反日)活動家どもは、自分たちの不正を追及されると必ず追及したほうを犯罪者に仕立て上げる被害届の提出や告発をするのです。彼らのこの汚いことこの上ない手口は、私も酷い目に遭わされて(行政や議員からの報告を受けて)よく知っていますから、言論活動を続けてきた渡邊氏の潔白(記事を参照)を信じ、ここで心よりの声援を送りたく存じます。

スポンサードリンク

『関西生コン支部幹部ら逮捕』に1件のコメント

  1. 渡邊臥龍:

     いつも大変お世話になっております。
     記事を書いていただき誠にありがとうございます。
     今後ともご指導ご鞭撻のほどよろしくお願いいたします。

コメントをどうぞ