中国と民進党の言論弾圧

皇紀2677年(平成29年)7月15日

【劉暁波氏死去】中国、SNSの追悼の書き込み次々削除 各国の批判に「内政干渉だ」

【北京=西見由章】中国外務省の耿爽報道官は14日の記者会見で、劉暁波氏の死去を受けて各国高官らから中国政府の対応を批判するコメントが相次いだことに関して「中国の…

(産経ニュース)

 これが本物の言論弾圧であり、安倍内閣がこれと同じことを報道企業や私たち国民にしたという記憶が私にはありません。しかし、民進党(旧民主党)は、特に東京電力福島第一原子力発電所事故に関連し、露骨な言論弾圧を試みた経緯があり、私も自民党の青山繁晴参議院議員(当時独立総合研究所社長)も、とんだ嫌がらせを受けるところでした。

 そして、十三日に開かれた蓮舫代表の記者会見で、進行を務めた芝博一幹事長代理が記者の質問そのものを一方的に「議事録から削除する」と言い放ったのです。

 これは、安倍晋三首相に寄っていった連合の神津里季夫会長を「連合発足以来、最低の会長」などとなじった上で蓮舫代表の見解を求めたフリーの記者の質問であり、確かに筋の悪い者の発言ではあるのですが、同じことを自民党や例えば菅義偉官房長官がすれば、さだめし民進党は「政府・自民党の言論弾圧、報道統制だ」と批判するでしょう。

 しかし、自分たちは平気な顔をしてこのような対応をとっています。取材というより倒閣工作をしている者の不穏当な発言に対して「答えない」「今の質問はなかったこととします」というのは、当然ありうるのです。

 さて、東京都の小池百合子知事に代表の座から逃げられた都民ファーストの会について、私は「早晩(醜聞議員だらけで)瓦解する」「そうなれば自民党と組むしかない」と申し上げ、国政進出を目指して「既に五人の国会議員に唾をつけている」とも申しました。

 その五人とは、まず自民党から逃げた若狭勝衆議院議員(東京十区)と、混ぜてもらったはずの日本維新の会に不義理をして処分された渡辺喜美参議院議員(比例区)、元神奈川県知事の松沢成文参議院議員(神奈川選挙区)、そして民進党から飛び出した長島昭久衆議院議員(比例東京)と、まもなく民進党から飛び出すという噂の細野豪志衆議院議員(静岡五区)です。

 昨日記事で自民党の石破茂衆議院議員(鳥取一区)と会食すると申した民進党の極めていい加減な連中に、細野代議士も加えたいところであり、このような国会議員しか当選させられなかった私たちすべて国民こそが安倍内閣以外の選択肢を排除してしまっていると思い知らねばなりません。

 先月二十一日記事の最後に「安倍首相の体調が著しく悪化しているのは、私の聞いた限りでは事実です」と申した通りすっかりやつれて急に白髪が増えた安倍首相に、もしものことが起きた場合、私たちは一体誰を首相にして想いを託せばよいのでしょうか。

 目下の倒閣工作にのせられるだけのせられて、その後の展開に責任を持たない国民では、恥ずかしくて共産党独裁の中共を笑えないのです。

スポンサードリンク

『中国と民進党の言論弾圧』に3件のコメント

  1. きよしこ:

    この耿爽報道官を「男版蓮舫」と呼ぶべきか、蓮舫氏を「女版耿爽」と呼ぶべきか、いずれにせよ中共も民進党も「人間の屑による、人間の屑のための言論弾圧政党」であることに変わりありません。そこにもはや報道機関としての矜持を捨て去った朝日・毎日系列も加わって我が国を「一億総白痴化」せんとしていますが、疲れも相まって急激に人相が悪くなった安倍首相の訪問を受けても感謝の言葉を述べられる被災者に代表されるように、やはり日本人には「恥」と「責任」の概念が本能的に備わっているのだと思います。それと対極にあるのが「選挙屋」でしかない「小池・石破と不快な仲間達」であり、この連中が次期総理候補などと期待されているうちは、安倍首相は嫌でも総理の椅子にしがみつかねばならないのでしょうし、国民も様々な疑念を抱きながらも「でも安倍さんしかいない」ということになるのでしょう。

  2. 心配性:

    加戸前愛媛県知事の国会での訴えに続き、京都産業大学も記者会見を開き、今後獣医学部新設を断念する考えである事を述べると同時に、京都産業大学が事実上排除される形になった件について「不透明な決定だとは思っていない」と明言しています。

    新設目指した京都産業大学 記者会見で何語った?
    http://www.tv-tokyo.co.jp/mv/you/news/post_136322/

    「加計問題(岡山理科大問題)」は、この辺で拳を下ろし、「獣医師の偏在や高齢化の問題にどう対処するか」「四国の獣医師不足をどうするか」という長年の課題について、冷静に議論すべきだと考えます。
    少なくとも、一日何億円もの「血税」を投入して国会を「茶番劇場」にすべきではありません。

    ところで、安倍総理を意地でも引き摺り下ろしたいマスコミの思惑は何でしょう?

    「アベノミクスを直ちに見直し、消費税を速やかに上げよ。」と主張する、最強省庁『財務省』への過剰な‶忖度”でしょうか?

    或は、「女性宮家」創設が差し迫った課題となっているからでしょうか?

    ところで、最近真偽不明な「小室圭氏韓国系説」が喧伝されていますが、確たる証拠は無いようですね。
    複数の週刊誌がお父様の自殺に関するショッキングな報道を行った事に加え、どこかの海外メディアが、「Kei Komuro」と書くべきところをつづりを間違え、「Kim Komuro」と書いてしまったとか、当初情報が錯綜し、お母様のお名前について週刊誌が「佳代」「佳与」或は「圭与」と適当な書き方をしていた事が原因のように思われますが、正式な発表があるまで「情報戦」は控えるべきかと思います。

  3. アンチレッド:

    言論弾圧の常套句、「人種差別、差別主義者、排外主義者、レイシスト、ヘイトスピーチ」
    これらは作為的に反論できない意識を持たされていると思うが、全くのデタラメあると言いたい。

    生物の根源的欲求である生存本能から必然的に導かれる第一の判断は、危険か危険でないか、である。

    ストーカーは、ストーカー被害者にとって当然危険な存在なので、ストーカーに対し排他的言動を行うのは当然認められるべき行為であって、その排他的言動を「差別」などと糾弾されるいわれはないだろう。

    日本に対し、国家を挙げて捏造の歴史問題で執拗に謝罪・賠償を要求したり、靖国神社に爆弾をしかけたり、日本人を拉致したり、日本に向けて頻繁にミサイルを打ち込む国家・民族、また頻繁に領海侵犯を行い、沖縄で独立運動を扇動したりする国家・民族がいる。
    まさに国家・民族挙げてのストーカーのごとき行為ではないか。

    このような国家・民族に対する、日本・日本人の排他的言動が、人種差別など上記常套句でもって糾弾されるいわれはないはずである。

    現在、ヒアリという「危険な外来生物の上陸」が、大きな問題として取り上げられていて、その「排除」が緊急の課題となっているが、これをヒアリに対する「差別」などという者がいるのか。

    犬・猫に代表される人間に親和的で危険でない動物とは「共生」するのに、危険な熊と「共生」しないのは「差別」などという者がいるのか。

    繰り返すが、生物の根源的欲求である生存本能から必然的に導かれる第一の判断は、危険か危険でないか、であってこの判断が最優先されて当然である。

コメントをどうぞ