国会・都議選…卑怯者たち

皇紀2677年(平成29年)6月16日

 女優の野際陽子さんが十三日、亡くなりました。衷心よりお悔やみを申し上げます。背筋のピンと伸びたいつまでもお元気で妖艶でさえある印象でしたが、とても残念です。

山城博治被告が国連で演説 「平和的な抗議運動を行っている山城博治です」

【ジュネーブ=原川貴郎】米軍普天間飛行場(沖縄県宜野湾市)の名護市辺野古移設の反対派リーダーで、沖縄平和運動センター議長の山城博治被告(64)=傷害などの罪で起…

(産経ニュース)

 わが国では外務省が酷い誤訳といいますか、現行憲法(占領憲法)に堕ちた卑屈さから意訳した「国際連合」という名の連合国の正体は、このようなことがまかり通る組織なのだということを、いい加減すべて国民が思い知るべきです。

 「沖縄平和運動センター」を名乗る組織の山城博治被告は、地元の沖縄県民や防衛省職員に対し、暴力行為というより明らかな暴行と脅迫に及んで逮捕、起訴された破壊活動家(テロリスト)であり、それのどこが「平和的運動」でしょうか。

 詭弁を弄して連合国向けの「反日(対日ヘイト工作」を仕掛け、まんまとわが国を「敵国」扱いする連合国の連中を籠絡してきた活動の一端を垣間見ます。もうこのようなテロリストと連合国のいうことをまともに聞いてはいけません。

 非組織によるテロを防ぐ捜査ができないテロ等準備罪(共謀罪)を新設する法改正は、既得権益を死守したい日本獣医師会から百万円の献金を受け取っていた玉木雄一郎衆議院議員(香川二区)や、同じく「陳」妙なまでに発覚した福山哲郎参議院議員(京都選挙区)のいる民進党、日本共産党、社民党、自由党などの莫迦騒ぎにより、かえって可決へと駒を進めさせました。

 報道各社の偏向ぶりは、民進党議員の汚い癒着の実態を伏せて「総理のご意向」に執着し、文部科学省内の醜悪な覇権争いを知りながら伝えもせず、告発者の保護がどうのこうのというばかりで、本改正案の欠陥についても真っ当な指摘が(私たち国民が居酒屋で友人たちと話をしただけで逮捕されるといった阿呆丸出しの戯言はあっても)どこにもありません。

 少なくとも山城被告が沖縄県内でやったような破壊活動を、もうこれ以上許してはならないのです。共謀罪が新設されれば他国へ「亡命する」と宣言した民進党の小西洋之参議院議員(千葉県選挙区)は、せいぜい連合国加盟で国際組織犯罪防止条約未締結の(日本を除く)たった十カ国のいずれかにでも出発し、私たち国民を裏切って、さぁどうぞ今すぐわが国から出て行ってください。ソマリアや南スーダンあたりがおすすめです。

 しかしながら「安倍自民党」は、今国会の会期延長を拒絶するほどかなり焦っています。的外れな評論家の類いがいう「森友・加計隠し」ではなく、来月投開票の東京都議会議員選挙を睨んで相当公明党(創価学会)の顔を立ててきましたが、十四日の豊島区議会の様子を見ても、焦る自民党を公明党が東京で裏切る方針は変わりません。

 小池百合子都知事率いる都民ファーストの会には、本橋弘隆都議選候補という前豊島区議がいますが、区議辞職前に議会事務局の栗原章局長を病院送りにするほどの威嚇(俗にいうパワー・ハラスメント)に及び、その猛省と謝罪、再発防止の決議案が自民党から出されたにもかかわらず、都ファと共産党が反対し、公明党は議場から逃げたのです。

 七十代の女性創価学会員に「性接待」までさせられる三十代と四十代の公明党の男性新宿区議(注)を見るにつけ、その苦労もなしに学会票を分けてもらおうとする自民党は、確かに卑怯ですが、それをはるかに凌ぐ卑怯者が潜んでいることも知ってください。

 注)正しくは「公明党の三十代の都議会議員候補と四十代の新宿区議」です。お詫びして訂正します。

スポンサードリンク

『国会・都議選…卑怯者たち』に4件のコメント

  1. 心配性:

    NHKの「日曜討論」でも、足立議員と同様の指摘があったかと思います。
    しつこいようですが、文科省文書に関して「つぎはぎ加工疑惑」が増々取り沙汰されるようになっていますので、玉木雄一郎議員と、併せて蓮舫代表の、記者会見と証人喚問を求めます。

    足立康史‏認証済みアカウント @adachiyasushi · 6月14日
    確かに加計学園の問題は、行政文書の開示が遅れる等官邸が何かを隠しているとの疑念を生じせしめました。政府与党は真摯に反省すべきです。しかし一方で、加計学園を特別に取り立てたのは安倍政権ではなく鳩山政権であり、担当大臣は枝野氏と蓮舫氏でした。安倍氏が総理になったのは、その後なのです。

    【加計学園問題】加戸守行・前愛媛県知事、「民主政権なら設置実現していた」。前川前次官は「則を超えた」
    http://www.sankei.com/politics/news/170615/plt1706150007-n1.html

    沖縄の「基地問題」が大混乱に陥った原因は鳩山由紀夫元総理かも知れませんが、「加計問題」(岡山理科大獣医学部新設問題)もそうかも知れません。
    鳩山政権時代に旧民主党は、愛媛県や今治市の為に「はしご」をかけ、「民進党」と改名した途端、「倒閣」の為に自分でかけた「はしご」を勢いよく外しにかかっているという、まことに無責任な事をしているので、加戸前知事も「怒り心頭に発して」いるのでしょう。

    しかも、その当時の担当大臣は蓮舫氏です。
    枝野氏から蓮舫氏に担当大臣が代わった途端に、獣医学部問題が前に進んだのではないでしょうか?

  2. 無知:

    新宿区議38名中、9名が公明党。7名が男性。誰かは特定できませんねえ。
    区民ですが、まったく知りませんでした。

  3. 遠藤 健太郎:

    皆さん、いつも貴重なご意見を賜り、ありがとうございます。

    無知様
     情報として提供しますが、公明党都議会議員候補の古城将夫氏と井下田栄一新宿区議会議員です。本記事中の「二人の新宿区議」の記述は、不正確でした。お詫びして訂正します。

     一応、週刊文春がおさえていますので、皆さんにも見られる記事をご紹介しておきましょう。いわゆる「閲覧注意」に当たる記事かと思われますが、よければご覧ください。
     http://blogos.com/article/228806/

  4. きよしこ:

    私も年上の女性が好みですが、72歳の創価学会員とのキスは無理です。
    いくら立場の為とはいえ、その現場を写真に収められるのも厭わずコトに及ぶ度胸も
    日頃の「信心」の賜物なのでしょうか?この写真1枚で都議選の結果がひっくり返りそうな気もしますが
    創価学会の集票力は侮れませんね。「元気があっていいじゃないの」「羨ましいわ」などと
    気色ばむ婦人部の方々の姿が容易に想像できてしまいます。

コメントをどうぞ