小池ファーストの施政意識

皇紀2677年(平成29年)5月14日

 昨日東京都内で開催されました「救国の提言講演会」にお越しいただきました皆さんに、厚く御礼申し上げます。また改めてここでもご報告申し上げます。

 さて、北京に出張した自民党の二階俊博幹事長は、事前には会えるかどうかも分からなかった中共共産党の習近平国家主席あてに安倍晋三首相から親書を託してもらえたのですから、またいうことをよく聞いて、おとなしくしていただきたいものです。

 中共共産党の侵略的野望にすぎない「一帯一路」なんぞに、わが国が全力で協力などしません。

 http://www.nikkei.com/article/DGXLASDG03H6C_T00C17A5CC1……
 ▲日本經濟新聞:都議選公約に公用車廃止や議会改革 都民ファーストの会

 もう一人騒がしいだけで何の役にも立たないのが東京都の小池百合子知事です。かえすがえすも選挙期間中に某氏の懇願を受けて批判を控えたことを後悔しています。

 読者の方からもご指摘が上がっている通り東京五輪の施設建設費負担について、神奈川県・千葉県・埼玉県の各知事が安倍首相に陳情して初めて都の全額負担が決まるようでは、小池都知事の、というよりまさに東京都知事の存在価値など無に帰したも同然です。

 そのような連中と「元民進党員」の巣窟と化した都民ファーストの会に、一体何ができるというのでしょうか。

 しかも公用車の廃止や政務活動費の飲食費負担禁止といった大衆迎合を公約に掲げながら、目立たないところで約二十億円もかかる豪華クルーザーの購入をやめようともしないのが小池都知事です。

 これでは何のために舛添要一前都知事を引きずりおろしたのか分かりません。豪華クルーザーの件は、一部報道で伝えられ始めていますので急遽中止するかもしれませんが、小池都知事の施政意識は、その程度ということです。

スポンサードリンク

『小池ファーストの施政意識』に2件のコメント

  1. 日本女性:

    クルーザーの件、海上保安庁が保有する「まつなみ」がVIPの乗船を想定しているそうなので、都が買う必要もなかったはずです。維持費もかかるし。
    http://agora-web.jp/archives/2026024.html

    豊洲市場竣工映像はこちらのブログの一番下をごらんください。
    http://blog.livedoor.jp/soyokaze2009/archives/51883729.html

  2. やす:

    個人的な話で恐縮ですが、昨日の講演会には是非行きたかったのですが、仕事で残念ながら行くことができませんでした
    また次の機会と考えています
    ほとんど指摘されませんが、小池都知事が築地市場に垂れ流している膨大な無駄経費と豪華クルーザーの金額は舛添前都知事が問題にされた無駄金の比じゃないんですよね
    何となくですが、豊洲問題が裏目にでたことでようやく都知事という肩書きの重みと責任の重さに気付き始めて、東京五輪の施設建設費負担で決定的となり、今の立場に飽きがきているのではないでしょうかね
    豪華クルーザーの購入で都税を自分の小遣いとでも思っている彼女の本性が表れたのではないでしょうか
    彼女の支持集めは都知事を長くやるための手段であり、それで都税で豪遊気分を味合うというのが本当の目的だったのでしょう
    都民がやることはリコール活動しかないでしょう
    極端な話、従来の民主主義のの否定になりますが、莫迦に選挙権を与えないようにする仕組みを作っていかないと同じことの繰り返しになると思います

コメントをどうぞ